H21.6.16

安全対策が実りました

 西恋ヶ窪3丁目の市道幹7号線沿いの歩道の下り口と道路の間に大きな段差ができました。もともとは段差はないところ。近隣の方から、「自転車で段差に乗り上げたひょうしに、かごに入れた荷物が散乱する事態やバランスを崩す人もいる。なんとか段差をなくしてほしい」というご連絡をいただきました。さっそく、道路管理課に申し入れ。経年劣化により道路の舗装が沈んだとのことですぐに修繕をしてもらいました。6月16日には無事工事完了!バリアフリーの安全な歩道になりました。

CLOSE